SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

DockerでWORDPRESSを導入する際のDataBaseバージョン(MySQL or Mariadb)要注意。

DockerでWORDPRESSを導入する際のDataBaseバージョン(MySQL or Mariadb)要注意。


昨今、大人気のDockerですが、システムはもちろんのこと中でも教育用に使われる機会は多いのではないかと感じます。WORDPRESSやLinux、各種言語の環境を素早く整えるために便利だと感じます。

初心者だけではなく、ITの専門家でも幅広くやっている方と一つに特化してやっている方で別れると思います。特に言語系技術とサーバ系技術は一緒で考えがちですがスケールが大きくなってくるとサーバ技術をきちんと持っているかどうかの違いが生じてきます。

そんなとき言語系でやられている専門家の方はDockerを使うことでハードルがぐんと下がるのではないかと思います。

前フリは長くなってしまいましたが、インターネットの世界ではWORDPRESSやPHPといった環境は圧倒的にWEBアプリケーションの中では使用頻度が高いためDockerで使用する人も多いと思います。

ということで、実際にDockerでWORDPRESSを使って見ようと思いました。

※今回はMariadbでWORDPRESSを使用したため問題なくあっさりWORDPRESSのインストールができましたが、Mariadb/MySQLを使う場合はバージョンをLatestバージョンにしてしまうと間違いなくハマります。環境による違いもあるのでDBエラーコネクションが表示される場合は以下のMySQL5.7.xをオススメします。

この原因はMySQLのバージョンがLatestだとVersion 8になってしまいWORDPRESSとのインターフェイスが取れなくなってしまうからです。ネットでもかなりVersion 8を無意識にインストールして接続できない問題で苦しんでいる方が多いようでした。この理由はcaching_sha2_passwordがMySQL8のデフォルト認証プラグインに変更された事が原因です。 どうしても、MySQL8で対処したい方はmy.cnfでデフォルト認証プラグインを変更してDocker imageへコミットの上、再度コンテナ作成が必要です。

旧来の認証プラグインを使うように変更(変更後MySQL再起動が必要)



WORDPRESSで使う場合はMySQLのバージョンを5.7.xがよろしいと思います。下記のような感じで バージョン指定します。

【MySQLで接続する場合】

もし、様々な問題が生じたらやはりアプリ環境へログインして分析することが大切!

【デバッグは環境にログインしてアプリの設定を確認しよう】

タグ: , , , , ,

Python MySQLデータベース操作その1(基本編) mysqlclientモジュール


pythonでMySQLの操作をする場合現在ではmysqlclientモジュールを利用するユーザ数が多いようだ。フレームワークではbottleに限らず使えます。MySQL操作ライブラリーはPyMySQLが多いけど、今回はmysqlclientモジュールを使った場合の基本操作をまとめて行こうと思います。どのライブラリーでも考え方は同じですから改造は簡単だと思います。本テストではカーソルは意図的にcloseしていません。規模が多くなりメモリの再利用が必要な場合は必要かと思いますが通常の小規模では不要なケースのほうが多いと思います。予め「pip install MySQL-python」or「pip install pymysql」をインストールしてください。mysql driverはpip側のアップデートで名前が変わったりすることもあります。また互換性のあるdriverであれば何でも良いと思いますのでpip searchで調べてみてください。

とりあえず、データベースを実験用に2つ用意します。

user_dbデータベース usersテーブル

local_areaデータベース districtテーブル

db_sampleのSQLダウンロード(ZIP形式)

下記の手順で一気にDB作成、テーブル作成、データ挿入までやります。

DB接続情報をyamlファイルで保存

viかnanoエディターでdb.yamlと開いて接続情報を次のような感じで記述保存してください。プログラムに記述しないでDB接続を書いておくとやはり便利です。とくに沢山のDBやテーブルを操作するのであればそうした方が合理的になると思います。ご自分のMySQL環境に合わせてユーザ名やパスワードを書き換えてください。

もし、yamlがインストールされていなかったら「apt-get install libyaml-dev」「yum install python-yaml」「pip3 install pyyaml」とかでインストールできると思います。

fetchoneで一つづつレコードを取り出すやり方で表示する場合

この方式は、データ量が多いときに有利です。1回毎に1レコードを取り出すためバッファの枯渇になることがありません。大規模ならこの方式を使うのが基本です。工夫次第で取得レコードを複数ライン取り出すことも可能でしょう。

実行結果

fetchallで全てバッファに読み込んで表示する場合

メモリ空間が大きい場合は一度にバッファに詰め込んで取り出せるのでパフォーマンス的に有利です。しかしメモリの枯渇が生じる可能性があるので本格的に大規模系で使う場合はレコード数をチェックしてからメモリ容量を予測して不足かどうか判断の上、実行するか判断しないと行けない場合もあります。

実行結果

DB2つを使ってjoinでinner結合して表示する。

実行結果

他のデータベースを使用する場合

21行目の「cons = db_connect(config_db(),’DB1′)」の部分のDB1をDB2にすればDB2から情報を取り出すことが出来ます。あとは全て同じです。

タグ: , , ,

Python3 Bottleフレームワーク入門(その3)- ORM Peewee (MySQL)


今回はデータベースを使ったケースを学んでいきましょう。フレームワークでの入門編ではほとんどのケースサンプルで載っているのは、Sqlite3を使ったケースが多いですが、実際の運用を考えて実験するとやはりMySQLでの実験運用が現実的と考える。やはり微妙に書き方が変わる可能性があるためそうした方が良いと思います。


また、今の時代フレームワークでORMを使うのが当たり前になってきているためBottleで利用できるORMの一つpeeweeを紹介したいと思います。やはりORMの利用で飛躍的にDBのCRUD処理が楽ちんになります。

peeweeの導入

peeweeを導入するにあたり今回はMySQLを使用した前提で説明していきたいと思います。

必要なMYSQLドライバーを事前にpipやbrewなどで導入してください。

必要ドライバー

  • MySQL-python
  • PyMySQL

peeweeを導入できたら最初にコードを作る前にMySQLでテーブルを作って見ましょう。既に既存で存在するテーブルからコードを生成する機能が用意されています。

上記のようなデータベースをMySQLで作成してみましょう。このコードをexport.sqlとして保存し、次のようにしてテーブル作成すると簡単で良いと思います。

下記のように指定を行って任意のファイルmodels.pyへ出力をしてすると自動的にORM操作を行う際に必要なテーブルのclassを生成してくれます。

DBから特定ユーザデータを抜き出して表示するプログラムを見てみましょう。

実際にブラウザからhttp://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/user/James というようにチェックするためには、テーブルにダミーデータを入れておく必要があります。

◯ テストデータをDBへインサート

これで全ての準備が整ったので、改めてブラウザからhttp://xxx.xxx.xxx.xxx:8080/user/kazuoでアクセスしてみましょう。下記のように表示されたら成功です。



Python Bottle Framework入門 全13 回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json
10.WSGI on SSL
11.Apache連携起動(外部WSGI) SSL接続
12.Apache連携起動(ReverseProxy)SSL接続
13.hprox連携起動(ReverseProxy)SSL接続&HTTP2対応

合わせて読みたいPython MySQL操作関連

タグ: , , , , ,