ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

Python3 Bottleフレームワーク入門(その4)- ORM Peewee CRUD

 / Python Bottle Framework, トピックス


peeweeの続編です。前回では特定のデータを取得してWEBに表示するところまで行いましたが、今回は様々なパターンを実行してみたいと思います。



データベースから条件で抽出、条件で削除、条件でアップデート。表の結合(Join)の簡単なものを例に挙げます。


※テスト用に使うサンプルデータベースのimportファイルです。テストデータはご自分で入れてください。

MySQLテストインポートファイル

データのアップデート

既にあるフィールドを修正するケースです。まず最初に修正するレコードを探してそのポインターの変数を修正データに書き換えるという処理になります。下記はユーザ名(kasuo)を探してパスワードを書き換えています。

データの削除

指定したユーザの削除を行います。アップデート同様に特定ユーザを探して削除します。

データを全部取得し表示

UserとRoleテーブルを結合し出力

下記反転箇所でわかるように通常のSQL文を記述するよりも遥かにわかり易く記述が行える。

◯ 実行した結果は次のようになりました。

トランザクション処理の例

データベース書き込みでエクセプションエラーが発生した場合はロールバックが行われます。



Python Bottle Framework入門 全10回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json
10.WSGI on SSL

タグ: , , ,

TOPへ戻る