ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

Python MySQLデータベース操作その1(基本編) mysqlclientモジュール

 / Python Bottle Framework, テクニカル, トピックス, ノウハウ


pythonでMySQLの操作をする場合現在ではmysqlclientモジュールを利用するユーザ数が多いようだ。フレームワークではbottleに限らず使えます。今回はmysqlclientモジュールを使った場合の基本操作をまとめて行こうと思います。本テストではカーソルは意図的にcloseしていません。規模が多くなりメモリの再利用が必要な場合は必要かと思いますが通常の小規模では不要なケースのほうが多いと思います。


とりあえず、データベースを実験用に2つ用意します。

user_dbデータベース usersテーブル

local_areaデータベース districtテーブル

db_sampleのSQLダウンロード(ZIP形式)

下記の手順で一気にDB作成、テーブル作成、データ挿入までやります。

DB接続情報をyamlファイルで保存

viかnanoエディターでdb.yamlと開いて接続情報を次のような感じで記述保存してください。プログラムに記述しないでDB接続を書いておくとやはり便利です。とくに沢山のDBやテーブルを操作するのであればそうした方が合理的になると思います。ご自分のMySQL環境に合わせてユーザ名やパスワードを書き換えてください。

もし、yamlがインストールされていなかったら「apt-get install libyaml-dev」「yum install python-yaml」「pip3 install pyyaml」とかでインストールできると思います。

fetchoneで一つづつレコードを取り出すやり方で表示する場合

実行結果

fetchallで全てバッファに読み込んで表示する場合

実行結果

DB2つを使ってjoinでinner結合して表示する。

実行結果

他のデータベースを使用する場合

21行目の「cons = db_connect(config_db(),’DB1′)」の部分のDB1をDB2にすればDB2から情報を取り出すことが出来ます。あとは全て同じです。

TOPへ戻る