?ネット通販を運営する企業に対し集客効率化支援致します。

カテゴリー「SEO関連」の記事

SEO重複編:意外な落とし穴

 / SEO関連, トピックス, ノウハウ

WEBサーバのURLを処理する挙動には伝統的な省略がある。パス名「/」は「index.html」や「index.xxx」をデフォルトで読み込むわけだが、これも実は今のGoogleの重複検出フィルターの中では気を付けないといけない。


サイトの中に含むページの中には、リンクが「/」と「index.html」二つ存在しているような場合、Google側がどうも必ずしも適切な処理をしていない場合があります。


また、anotationルールでPCとスマホのコンテンツが存在する場合などはalternativeとcanonicalで相互の関係性を記述するのだが、これを書いていない場合、ある日突然MFIが適用されてしまうようだ。


つまり、スマホページとPCページがあるとanotationルールが適用されていない場合、重複だから片方を排除する。つまりスマホページを優先して検索結果にはPCページを無くしてしまう場合がある。最近このようなサイトをいくつか見ている。


この現象は、HTMLの記述においてスマホページをノーマルな素のHTMLで書いている場合は特になりやすい様だ。レスポンシブで書いている場合は問題が起きないが専用スマホページで記述する場合view portを設定しないでHTMLの幅や画像幅を低解像度のスマホで表示できるようにしている作りでは生じやすい。もちろん、anotationルールさえ適用していれば問題はない。

タグ: , , , , ,

よくある勘違い。Googleのペナルティについて

 / SEO関連, トピックス, ノウハウ

よく、ネット上でSEOの検索をすると「Googleのペナルティ」に抵触したとかペナルティを過大に説明されている記事を見ることがあります。しかし、実際にはGoogleがペナルティにすることは稀です。順位下落のほとんどが評価のパススルー(評価除外)によるものです。つまり下落はペナルティーではなく評価されないため順位が落ちたということになります。


本当にペナルティーになるのは、相当悪質なやらせSEOを行っている時であり、基準が明確になっているわけではありませんが、siteコマンドでインデックスされたページが一覧に出てこなければ、その可能性は高いかもしれません。


しかし、これとて必ずしもペナルティーと言い切れません。単にルールから外れたものが検出されたので除外しただけの場合もあります。ペナルティーはページ単位ではなくドメインという大きいくくりで除外された場合はその可能性が高いのかもしれません。

タグ: ,

Googleは安全なサイトのチェックを以前より厳しくチェックしています。

 / SEO関連, ノウハウ

GoogleのクライアントプラットフォームといえばChromeですが、ちょっとしたブラウザに感染したウィルス(スパイウェア)はChromeがそのページを表示した時点で警告メッセージを出します。

一方、Googleの検索エンジン側もサーバ上に載せているコンテンツのチェックも行っているようで、感染したサイトは検索結果に出てもクリックさせても表示させません。警告として感染して危険な旨のメッセージが代わりに表示させます。さらに最終的には検索結果にも出させません。

また、これまではメールサーバのSPAM発信元の情報をブラックリストとしてDNSBLやレピュテーションサービスを使用してフィルタリングすることが多かったのですがWEBサーバも同様に問題のあるサイトをブラックリストとしてDB化しているサイトがあります。Googleも同様に問題のあるサイトは圏外に飛ばし表示されなくなるようにしています。

そのため、一度ブラックリストに認定されたサイトは解除が少々やっかいになります。

処方箋は以下のようなことをする必要があります。

  • 共有サーバーをやめる(同じIPの中に悪いサイトがあるかもしれないから)
  • 専用サーバにして、SSLは独自ライセンスを取るべき(SSLライセンスは確実な身元保証になるでしょう)
  • IPを変えれば大体はブラックリストに掲載したところへ通知する必要はないかもしれません。(IPで縛っているところが大半)
  • もし、ドメインで縛っているブラックリストならそこへ解除申請を出す必要があります。

TOPへ戻る