?ネット通販を運営する企業に対し集客効率化支援致します。

Python3 Bottleフレームワーク入門(その2)- リクエストメソッド

 / Python Bottle Framework, トピックス


今回の記事では、Bottleのリクエストメソッドについて書きたいと思います。


リクエストメソッドってなんだろう!?と思う方もいるでしょう。WEBブラウザーでURLを指定して表示するのはGETというリクエストメソッドです。逆にコンテンツ側からサーバへ送信するような入力フォームのページはPOSTと言います。この2つを取りえず覚えて置くと良いでしょう。


これまでのプログラムの中で@app.route(URLパス)と書いていたのはデフォルトでメソッドを指定しなければGET処理のルーティングでした。Bottleではパラメータでメソッドを指定してルーティングさせる他にもっと簡潔な書き方があります。 以下に示す書き方はどれも同じ処理の書き方です。

メソッドを意識してルーティングするなら下記の書き方がわかりやすくて良いですね。

デコレータは以下のように重ね合わせも可能だ。ログインの場合などはログインする前とログイン認証、ログイン認証した後が考えられる。ユーザ関数の中のどのメソッドで呼び出されたのか判定しロジックを充ててゆくように記述する。判定はクッキーやセッションで認証しているか否かでわかるだろう。

メソッドのデコレータはget(), post(), put(), delete() or patch()が用意されています。

タグ: , , ,

TOPへ戻る