ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

カテゴリー「ノウハウ」の記事

Linux(Ubuntu系)でCISCOルータをターミナル接続!

 / Linux Tips, テクニカル, トピックス, ノウハウ


CISCOルータをWindowsパソコンで設定を行うといった場合、一番多いパターンはTeraTermを使うケースが圧倒的に多いと思う。今回はSI作業する内容が圧倒的にLinuxが多かったのでCISCOのルータもLinuxでやろうと思いました。


しかも古いパソコンを使用してLinux導入しているため、マザーボードにはRS232CのCOMポートが付いている。最近の主流はUSB変換をして接続するので意外とRS232Cでのやり方が載っているサイトが少なかった。

ということでUbuntu系のLite Linuxをたまたまクライアント機として使っていたのでそれにターミナルからCISCOに接続して使えるようにする手順のメモを残しておこう。恐らくUbuntuやDebianの流れを汲んでいるLinuxなら操作は同じだと思う。参考にされたし。


最初にすること

  1. COMポートを経由して接続するために必要なソフトをインストール
  2. 使えるシリアルポート(COMポート)の調査
  3. 利用するシリアルポートを設定し接続を行う

COMポートを経由して接続するために必要なソフトをインストール

findでタイムスタンプ範囲絞りで一覧表示

 / Linux Tips, トピックス, ノウハウ


Linuxを使用していると運用の場面では更新されたファイルを削除したり、バックアップしたりする場面がよく出てくると思います。よく使うんだけどコマンドのオプションもいっぱいあるから忘れてしまうときが多いハズ。

CentOS5とcentOS6以降でやり方が違うので2つ紹介します。内容は「日程範囲を設定してその間で更新されたファイルだけを一覧表示する」方法です。サンプルはPHPファイルで絞り込んでいます

delegated proxyサーバで1台のサーバに仮想サーバを複数立ち上げる方法

 / Linux Tips, テクニカル, トピックス, ノウハウ


delegated proxyサーバを運用する場合、1台のサーバで複数サイトをどうやったら起ち上げられるのか悩んでしまう人が多いみたいなのでやり方をご紹介しようと思います。apacheサーバだと簡単に仮想サーバ作れるのですがdelegated proxyサーバだとあまり情報がネット上にも落ちていなく困ってしまうのでしょう。



下記のスクリプトは1台のサーバに複数の仮想サーバをdelegated proxyで起動したいケースのスクリプトです。delegatedでのやり方は複数あるのですが一番手間のかからないやり方は下記のポート番号を複数台でユニークに設定して割り付ける方法かと思います。内部サーバを予め起動して外部の接続を名前ベース(FQDNドメイン名)で振り分ける手法になります。nvhostは名前ベースの名称割付箇所で外部からのリクエストをproxyが名前で任意の内部サーバへ割り当てる基準とするオプションです。nvservは共通の IP アドレスを持つ内部サーバー郡のホスト名を検出し、 それらを仮想サーバーとして表す場合のオプションになります。nvservはIPベースでは同じサーバを指しても問題ないのですが、proxyが勘違いしないように名前で判別するためのものです。nvhostがフロントエンドでnvservが1IPの際のバックエンド名前割当と考えればわかりやすいかもしれません。





他にも内部サーバの1枚のNICに複数のIPアドレスを割り付けてやる方法もあります。この場合はMOUNT行を変更するだけで実現できます。nvservが不要です。

Windows:ネットワークチューニング Part2

 / Windows Hack, トピックス, ノウハウ


Windowsのネットワークチューニングは幾つかの設定ポイントがあり、前回のトピックスではMTUの適正値による速度改善を行ったが今回の記事では、受信データのバッファサイズを変更して速度改善を行う方法を解説したいと思う。

TCPグローバルパラメータの確認

前回同様にnetsh interfaceでコマンドの操作を行ってゆきます。このコマンドでTCPのハンドリングを行うパラーメタの一覧を最初に行い、状態の確認ができたところでパラメータを変更する手順で作業を行ってゆきましょう。

Direct Cache Access

NetDMA State

Receive Window Auto-Tuning Level

Windowsコマンドプロンプトの簡単な呼び出し方

 / Windows Hack, トピックス, ノウハウ


Windowsで高度な操作をやろうと思うと必ず出てくるコマンドプロンプト操作。今回はこの呼び出し方を解説してみたいと思います。

起動方法3種類(一般モード、管理者モード)

通常コマンドプロンプトを起動させる場合はWindowsのスタートメニューにあるWindowsのアクセサリーやWindowsのシステムから呼び出すケースが多いのではないかと思います。しかしこれだとマウス操作が多くて面倒くさいですよね。そこで簡単な起動方法をご紹介。一番簡単な方法は「Windowsキー+R」で起動しcmdを入力し起動する方法。もう一つはCortanaの入力でcmdを入力すると候補が出てくるのでそれをクリックして起動する方法があります。


Windowsキー+Rキーで起動

もし管理者モードで起動したいなら「CTL+SHIFT+ENTER」をcmd入力の後に打ち込んでください。一般ユーザ起動はENTERです。


Cortanaの窓から入力候補で起動

管理者で実行したい場合は画像にある通り右側のそのリンクをクリックしてください。一般ユーザ起動は反転の箇所です。


Windows Powershellをスタートメニューから起動(shotcut-key: Windowsキー+X)

Windowsスタートメニューのアイコン上でマウス右クリックメニュー

cmdプロンプトを使わず、powershellを使うのも方法としてあります。こちらの場合はスタートボタンのアイコン上でマウス右クリックすると一般モードと管理者モードがメニューに用意されているので簡単ですね

TOPへ戻る