ネット通販を運営する企業に対し集客効率化支援致します。

カテゴリー「wordpressテクニカル」の記事

WORDPRESSでPHPエラー表示を抑制

 / Wordpress, wordpressテクニカル

WORDPRESSのエラー表示はあまり十分な情報を与えてくれないものである。こんな時はテーマファイルで該当するページにあてがわれているものに次のコードを挿入し詳しいデバッグをしましょう。

対象テーマファイルに以下のいずれかのコードを入れると抑制できます。

// エラーを画面に表示(0にすると画面上にはエラーは出ない、1にすると表示する) error_reporting(0); ini_set(‘display_errors’, 0);

タグ: ,

テーマ編集、プラグイン編集を停止させる

 / Wordpress, wordpressテクニカル

WORDPRESSにおいて、管理者権限を与えられたユーザはテーマ編集、プラグイン編集ができます。しかし、サイトを開発した人にとってやはりその編集を許すことは破壊につながるため機能を利用停止にしたい場合があります。

wp-config.phpに下記を挿入します。これでテーマ編集、プラグイン編集ができなくなります。

define( 'DISALLOW_FILE_EDIT', true );

タグ: , , ,

WORDPRESSの自動アップデート

 / Wordpress, wordpressテクニカル

WORDPRESSは、バージョン3.7移行はマイナーアップデートに関しては自動的にシステムアップデートをするようになりました。しかし、メジャーアップデートに関しては承認作業が必要でした。

これを完全に自動でアップデートしたいという人は下記のコードを挿入することで自動的にメジャーバージョンもアップデートします。


wp-config.phpに下記を挿入してください。WORDPRESSのメジャーアップデートも自動化されます。

define( 'WP_AUTO_UPDATE_CORE', true );

※注意として自動アップデートしてまずい場合があります。カスタマイズでWPのDBをかなりいじっている場合は自動化はやめた方がよいです。

次に、テーマやプラグインですが現状は管理画面上には更新が来ているマークが表示されますが自動化されません。これらも、もし自動化したいというのであれば次のコードをfunctions.phpに挿入することで実現が可能です。

functions.phpに下記を設置してください。テーマとプラグインが自動アップデートになります。

add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' ); //テーマアップデートの自動化
add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_true' ); //プラグインアップデートの自動化

※注意としてテーマのアップデートやプラグインのアップデートはユーザ自身でカスタマイズを行うと、自動アップデートで消失します。そのようにならないためにもテーマやプラグインはフォルダー名をデフォルトから変更しオリジナルのものになるようテーマ設定箇所を書きかえましょう。

タグ: , , ,

TOPへ戻る