ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

Python3 Bottleフレームワーク入門(その12)- ReverseProxy方式 Bottle連携SSL Apache起動

 / Linux Tips, Python Bottle Framework, テクニカル, トピックス, ノウハウ


前回の章ではWSGI方式で行ったが今回はRverseProxy方式のApache連携を紹介する。ReverseProxy方式は透過型のProxyで内部で動作しているhttp方式のWEBサーバをお手軽に安全にラッピングしてくれる方式である。内部サーバのコンテンツ作りに不安があるならこの方式が良いと思います。また、内部のシステムが簡単にhttpsに置き換えられないなら、この方法で強引に変更できれば簡単にすみますね!非常に便利なリバースプロキシーです


転送先内部サーバー

いつものごとくありがちなサンプルコード。127.0.0.1で設定しておくと更に安全な接続になります。ローカルホストは外部から接続できませんので。

Apacheのリバースプロキシー設定

ほんのすこしだけ手を加えればリバースプロキシーになります。ProxyPassとProxyPassReverseの箇所だけです。Proxy先のpythonサーバ&プログラムはスレッドセーフになっていることが前提です。

リバースプロキシー起動

サイトにアクセスする例

/hello/の後に任意の文字列を入れてください。ページボディに表示されます。

尚、予めテストサーバにIPアドレスを割り当て名前をWindowsのHostsに登録しておけば下記のように名前ベースのホスト名で実験ができます。



Python Bottle Framework入門 全12回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json
10.WSGI on SSL
11.Apache連携起動(外部WSGI) SSL接続
12.Apache連携起動(ReverseProxy)SSL接続

合わせて読みたいPython MySQL操作関連

TOPへ戻る

AGA 成長因子