SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

「Python Bottle Framework」記事一覧

Apache2.4(Ubuntu/Debian)で複合言語(メイン:php サブ:python)で組み合わせる典型的なやり方。

サイトを構築する場合、1つのプログラミング言語で作る場合より複数の言語で構成するほうが多いと思う。従来WEBに非常に親和性の高い言語といえばなんといってもphpになるだろう。さらにCMSとなるとWORDPRESSをケースが非常に多いと思います。このようなケースでサイトの一般的なページはWORDPRESSで作るけど、システム的な部分はsymfonyやlaravel、cakephpのようなフレームワー...

Vue.js:Python BottleからForm入力をJsonでPostしサーバから受信したJsonデータを表示する。

最近はJQueryからVue.jsの切り替えが多くなってきている。更に入力フォームもJSONでサーバにPOSTしてレスポンスをサーバから返ってきたJsonで表示を更新するケースが主流になってきています。WORDPRESSもAPI対応しているし、シングルページアプリケーション(SPA)なども流行りの中、このようなやり方をPython Bottleフレームワークで作る場合の基本的な実装方法について今回...

Caddyソケット連携fastCGI + Python bottle FrameworkでWEBサーバ起動

Python BottleフレームワークをCaddyで連携してみる。ソケット経由での例を作ってみました。スクリプトタイプで接続するのでスレッドセーフな作りを心がけてpythonコーディングすればスクリプト側はマルチスレッドせずに連携できるはずです。つまりcaddy側でマルチスレッド通信を制御してくれるはず。通常連携する方法で一番簡単なのはリバースProxy接続なのですが今回はfastCGIでBot...

Python3 Bottleフレームワーク入門(その12)- ReverseProxy方式 Bottle連携SSL Apache起動

前回の章ではWSGI方式で行ったが今回はRverseProxy方式のApache連携を紹介する。ReverseProxy方式は透過型のProxyで内部で動作しているhttp方式のWEBサーバをお手軽に安全にラッピングしてくれる方式である。内部サーバのコンテンツ作りに不安があるならこの方式が良いと思います。また、内部のシステムが簡単にhttpsに置き換えられないなら、この方法で強引に変更できれば簡単...

Python3 Bottleフレームワーク入門(その11)- WSGI方式 Bottle連携SSL Apache起動

WEBサーバーでApacheと連携したいと思う人は多いと思います。いままで紹介していなかったので改めて見本を掲載したいと思います。ApacheとBottleの連携方法は2種類あります。1つはこれから紹介する外部WSGI連携とリバースプロキシーで対応する方法です。プログラミングでセキュリティに不安な人は後者が良い場合が多いかもしれません。同時アクセス数とパフォーマンスを重視するなら前者だと思います。...

1 2 3 4