ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

カテゴリー「Python Bottle Framework」の記事

Python3 Bottleフレームワーク入門(その9)- Json

 / Python Bottle Framework, トピックス

Bottleに限ったjsonの返却の仕方という訳ではないが、特定URLを叩いた時のjson返却方法を試してみる。REST APIのようなものを作る時の基礎として掲載する。

※http://xxx.xxx.xxx.xxx/api/v1.0/tasks/1 or 2で実験。

※http://xxx.xxx.xxx.xxx/api/v1.0/tasks で実験。



Python Bottle Framework入門 全9回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json

Python3 Bottleフレームワーク入門(その8)- デーモン化

 / Python Bottle Framework, トピックス

Bottleはコマンドラインで起動すると終了でCTRL+Cを入れるまでコマンドプロンプトが戻ってきません。これでは不便と考えるなら自前でデーモン化してみましょう。最近ではBottleDaemonというモジュールもありますがオリジナルで色々開発しているとそのままではBottleDaemonが使えないケースが多いです。そんなときには自前でデーモン化処理を作ってしまいましょう。それほど難しいものではありません。

◯ デーモンの起動と停止

◯ 起動プログラム

◯ 停止プログラム



Python Bottle Framework入門 全9回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json

Python3 Bottleフレームワーク入門(その7)- マルチスレッドWEBサーバ

 / Python Bottle Framework, トピックス

今回の記事ではBottleのWEBサーバについて解説していきたいと思います。Bottleの標準で用意されているWEBサーバはシングルスレッドです。Bottleに限らずほとんどの様々な言語のフレームワークはテスト用にシングルスレッドのWEBサーバが用意されています。あくまでも開発中に作ったものを確認するために用意されたものです。しかし、マルチスレッドでもう少し挙動を確認したい場合もあるはずです。やはりシングルとマルチではプログラムの作り方が根本的に違います。故にマルチスレッドでの動作ができるWEBサーバをご紹介します。

マルチスレッドpasteモジュール

Bottleをマルチスレッドで動作させるモジュールは色々ありますが一番安定して使いやすいのがpasteモジュールです。今回はpasteモジュールのインプリメントを見ていきましょう。

pasteモジュールの導入

まず最初にpasteモジュールを導入します。

簡単なマルチスレッド起動のコーディングを書く

負荷テストでマルチスレッドとシングルスレッド比較

nperfを使ってマルチスレッドとシングルスレッドの負荷テストをしてみましょう。1ページのコンテンツのボリュームを多くすると差異が出やすいと思います。少しだと出にくいです。-cが並行スレッド数で-nがテストの回数です。

◯ シングルスレッドのプログラム

◯ nperfのインストール



Python Bottle Framework入門 全9回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json

TOPへ戻る