⚡ネット通販を運営する企業に対し集客効率化支援致します。

カテゴリー「雑学TIPS」の記事

【雑学】スマートフォンのバッテリー性能向上計画

 / ノウハウ, 雑学TIPS

スマートフォンの画面サイズが最近では5.5インチクラスが通常になってきています。

それにともなって、電気の消費量も増加しています。最近のスマートフォンの容量は3000mAhクラスのものが搭載されるようになり、重量は重くなっておりますが、以前より長持ちするスマートフォンが多くなりました。
ここで、よくある問題は購入したばかりのバッテリーが1ヶ月も経たないうちに50%程度使用した時点でストーンと電気量が落ちて端末がシャットダウンするというものです。 この現象は、端末本体のバッテリー管理と電池側に入っている管理回路の間で容量認識の差異が発生していることで生じます。 詳しい原因はわかりませんが、この発生が起きているユーザの使い方の癖を検証してゆくとある程度にている点に気づきました。

これが原因か?

  1. 待機状態の際にすぐに充電器に接続してしまう。
  2. 待機時に裏で通知が頻繁に発生するアプリを沢山入れている
  3. 概ね50%,60%の使用量で充電器に繋いでしまう。
  4. 充電完了100%超えた状態を長時間続けてしまう

復活方法

このような現象が起きた際は、バッテリーを外すか内蔵ならそのままで1週間から2週間放置します。放電させるのが目的なので例えば早めるために透明なビニール袋に入れて冷凍庫に入れるという方法もあります。

放電させた後に100%満充電させ、ケーブルを外してYoutubeなど電池消費の早いアプリを使って10%以下になるまで使い切ります。

この動作を2回ほど繰り返してみてください。かなりの確率で復活します。私のところに相談に来た知人のスマートフォンの70%くらいが元通りになりました。



電池向上計画

スマートフォンは最初の購入で使用開始から1週間ないし2週間が特に重要でバッテリーの慣らし運転のようなものが必要です。
  1. 使い始めの1,2週間は10%以下になるまで電池を使い切り、それから充電する。
  2. 充電している最中は、スマホを使わない。
  3. 充電率100%超えたらスマホをケーブルから外す。
  4. 慣らしスマホのあとは、わりとラフに使っても大丈夫。でも100%充電状態の長めはよくないので気がついたらすぐに外しましょう。

タグ: , ,

MAC OSX メールで送信時の文字化け対策

 / ノウハウ, 雑学TIPS

マックを使用していると、受け取った側がメールが文字化けしてる!

とよく怒られますよね。これはUTF-8という文字コードがデフォルト設定になっているからなんです。 日本では、まだメールソフトによってはこれに対応していないものもあるので文字化けしてしまう。


これを修正するのは、実はそれほど難しくないのです。

iso-2022-jpの文字コードを使って送信するようにしてあげることで、受け取った側が文字化けなく読むことができます。

方法は2種類あります。
  1. こちらはメールソフトのプラグインとして導入し対応する方法。(簡単)
    http://sourceforge.jp/projects/letter-fix/
  2. 通常GUIで修正できないシステム設定から文字コードを変更する方法(簡単だけど、ターミナル慣れてない人には1番が簡単)
    アプリケーションからユーティリティへ行きそしてターミナルを開いて、下記のコマンドを投入します。
    $ defaults write com.apple.mail NSPreferredMailCharset “ISO-2022-JP”

※これで、送付先から文句言われません。

タグ: , ,

LinuxでHuluを使う場合の文字化け対策

 / ノウハウ, 雑学TIPS

動画サービスHuluを普段利用していますが、Linuxの環境でたまにみることが多いため、豆腐のような文字化けには時々、まいったなーと思っていましたが、奮起して解決を図ってみました。 解決方法はLinuxの主なディストリによって2種類あります。


❏Ubuntu系Linux(ディストリが多すぎで全部それでいけるのか?)

OSのバージョンやディストによって、やり方が若干違いますが下記の3つのいずれかで対応可能です




❏Fedora系Linux(CentOS,RedHat,Scientific)


※設定したら、ブラウザは再起動しましょう。


注意点:

Firefoxやその他のブラウザは全く以上の操作で問題なくなるが、Google chrome browserは要注意だ。
Google chrome browserはchrominiumの場合は、外部インストールのflash playerが参照されるが、クロームダウンロードホームページから持ってきたstableなものは内部flash playerが使われハードコードされているため文字化けする。

しかし、ブラウザのURL入力でchrome://pluginsでflash playerの箇所をみつけると外部インストールのflash playerと内部インストールのflash playerが表示されているなら、内部の古いバージョンのflash playerを「無効にする」で正しく文字が表示されるようになります。
flash playerプラグインが2つ表示されない場合はクロームからアドビに行ってインストールしましょう。

タグ:

TOPへ戻る