SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

Python3 Bottleフレームワーク入門(その4)- ORM Peewee CRUD

Python3 Bottleフレームワーク入門(その4)- ORM Peewee CRUD


peeweeの続編です。前回では特定のデータを取得してWEBに表示するところまで行いましたが、今回は様々なパターンを実行してみたいと思います。



データベースから条件で抽出、条件で削除、条件でアップデート。表の結合(Join)の簡単なものを例に挙げます。

※テスト用に使うサンプルデータベースのimportファイルです。テストデータはご自分で入れてください。

MySQLテストインポートファイル

データのアップデート

既にあるフィールドを修正するケースです。まず最初に修正するレコードを探してそのポインターの変数を修正データに書き換えるという処理になります。下記はユーザ名(kasuo)を探してパスワードを書き換えています。

データの削除

指定したユーザの削除を行います。アップデート同様に特定ユーザを探して削除します。

データを全部取得し表示

UserとRoleテーブルを結合し出力

下記反転箇所でわかるように通常のSQL文を記述するよりも遥かにわかり易く記述が行える。

◯ 実行した結果は次のようになりました。

トランザクション処理の例

データベース書き込みでエクセプションエラーが発生した場合はロールバックが行われます。

合わせて呼んで欲しい記事
Python MySQLデータベース操作その1
Python MySQLデータベース操作その2



Python Bottle Framework入門 全13回
1.基礎編サーバ起動
2.リクエストメソッド
3.ORM Peewee (MySQL)
4.ORM Peewee CRUD
5.Cookie And Session
6.Abort and Redirect
7.マルチスレッドWEBサーバ
8.デーモン化
9.Json
10.WSGI on SSL
11.Apache連携起動(外部WSGI) SSL接続
12.Apache連携起動(ReverseProxy)SSL接続
13.hprox連携起動(ReverseProxy)SSL接続&HTTP2対応

合わせて読みたいPython MySQL操作関連

タグ: , , ,

口コミ投稿(レビュー)の注意点


メジャーな口コミ投稿として、AmazonやGoogleマイビジネスが有名ですが、やはりこのサービスの効果は大きいため逆にインチキレビューが多いのも事実。少しなら拍車をかける意味でありですが、ついついやりすぎてしまうケースが多い。

一番多いよくある失敗例をひとつご紹介する。

例えば、社内のスタッフ10人に口コミレビュー投稿を依頼する。

さて、その結果は

当初30分くらいは、レビューが表示されAmazonやGoogleのMAPにもレビューが表示された。ところが。。。。。「1時間後にレビューが削除されてしまった。」というものです。

理由は、全員個人毎のアカウントで投稿したのですが、残念なことにスマートフォンがWiFiを使っていました。つまりオフィスから投稿すると全員同じIPアドレスで接続するから偽装がばれてしまうのです。

もう一パターンは、スマートフォンはWiFiは使っていませんでしたが、同じ場所で投稿してしまったためGPSや接続のAP情報から位置が特定されてしまい、全員投稿したレビューが削除されてしまうということが生じてしまったのです。

AmazonもGoogleも健全性に力を入れているため大変厳しいチェックとなっています。皆さんも気を付けましょうね。度々このようなインチキレビューを行う人は永久追放になってしまうようです。

参考に次のような内容をチェックしているのだろうと推測します。

  • ・IPアドレスのチェック
  • ・ユーザアカウントのチェック
  • ・クッキーのチェック
  • ・投稿場所のGPSのチェック
  • ・電子メールのチェック
  • ・住所のチェック

タグ: , , , ,