当社はIT技術のオンライン教育を得意としたセミナー専門会社です。

ITエンジニアの技術力UPをお約束します。

備忘録:pythonマルチスレッド pasteサーバ redirectでエラー発生の場合の対処

備忘録:pythonマルチスレッド pasteサーバ redirectでエラー発生の場合の対処


python bottleフレームワークでは内部のマルチスレッドhttpサーバでpasteサーバが使われるケースが多い。しかし、redirect処理を行った際にエラーが吐かれてしまうという問題に遭遇しました。処理自体は問題なく動作するのですがやはり気になります。この問題を解決するためにpasteサーバ関連で呼び出されるライブラリーのコードをトレースして原因がわかりました。この記事はその備忘録として残します。

実際に起きてるエラーはこんな感じ。

そもそも20行目の「TypeError: a bytes-like object is required, not ‘str’」これが勘違いのもとだった。よくある関数returnでHTMLテンプレートに返す際にencodeやdecode処理でutf-8に変換しないと駄目な場合があります。これが抜けているのかな!?と思いきや全く違うところに問題があった。

pasteサーバでredirect処理した場合に発生するエラー出力結果

python3になってからstringsは文字コードの扱いがUnicodeに変わりました。しかしネットワーク上での通信はbyte stringになる必要があり、よく使われるライブラリーではこのUnicodeへの対応がきっちり済んでいるため問題が生じるケースが少ないのですが稀にpython2.x時代からpython3ソースコード対応が中途半端なものがあります。つまり移行が完全にできていないケースだったようです。幸いにも原因は15行目のこれ「self.wsgi_write_chunk(”)」が原因であることにすぐに気がつけた。つまりhttpプロトコルのメッセージヘッダ項目やメッセージボディが空っぽの場合にきちんと処理ができなくて20行目のエラーになってしまうというものです。


まとめると、redirectの処理はメッセージヘッダの一部項目が空であるため、ライブラリーが誤って20行目のエラーを吐き出してしまう。これを回避するためにredirectへ具体的なレスポンスコードを指定してあげることでメッセージヘッダ項目が空になることを防ぐ。

リダイレクト レスポンスコード

  • 301 Moved Permanently
  • 302 Found(Moved Temporary
  • 303 See Other
  • 307 Temporary Redirect

redirectの際にレスポンスコード301を入れて空になるのを防いだところエラーが消えた

タグ: , , ,

Google Search Consoleで表示されるAMPの警告、エラーについて


AMPの取得状況をモニターしていると時折、警告やエラーについて頻繁にGSから通知メールが飛んできます。この重要では無い問題「AMPの警告、エラー」なのですが、意外にも実際AMPテストツールでチェックすると問題が無いものもあります。また、AMPの修正をしても直ぐに評価されて警告がなくなるというワケではございません。最終的には修正済みは消えるのでしょうが、正確にレポートに反映されるまでかなりの日数がかかりそうです。



実際、警告を地道にチェックして直してゆくと順調にAMPキャッシュの取り込みが日々行われてるので、エラーが起きたものを沢山放置しない限りは大きな問題はなさそうです。

タグ: , , , , ,

WEBコンテンツホルダーを/var/www以外の場所にするとエラー


もうご存知の方は沢山いると思いますが、Linuxのインストール直後はSELinuxが有効になっており、デフォルト以外のフォルダーを使用するとエラーが生じたりします。



SELinux 実行中のシステム上では、すべてのプロセスとファイルにセキュリティー関連の情報を表示するラベルが付けられようにできています。尚この情報は、SELinux コンテキストと呼ばれており使用するプロセス(アプリケーション)により様々なものが用意されています。ファイルに関しては、ls -Z コマンドでこれを確認表示することができます。



一番多い例は、WEBのドキュメントフォルダーを変更して使う場合が多いと思います。例えば/var/wwwがデフォルトではWEB基準フォルダーですが、/opt/wwwにしようとしたら エラーが発生して起動できないという事が起こります。



ここでよくある対処方法はSELinuxをOFFにするというケースです。確かにOFFにすることでエラーが出なくなりますが折角のSELinuxによるセキュリティ強化がこれでは台無しですのでこの投稿記事では 正規の変更の仕方について説明していきたいと思います。

現在のコンテキストのステートを確認する

以上のコンテキストが付与されている事がわかりましたね。では移動先の/opt/wwwはコンテキストがどうなっているか確認してみましょう。

それではどうやって同じフラグにしたらよいかという話ですが、これは単純で/var/wwwのコンテキストを真似して新しいフォルダーへ付与するだけの事です。コンテキストを変更するのは”chcon”というコマンドを使用します。

※-Rは再帰的処理でコンテキストを付与することを意味します。

これで共通のコンテキストになりました。コンテンツを配置してWEBサーバの再起動を行うとエラーがもう出ないはずです。

タグ: , , , , ,