SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

「SEO関連」記事一覧

ホームページの高速化手法 GZIP圧縮、コンパイルキャッシュ。画像圧縮、その他コンテンツ圧縮

ホームページの高速化の意義現在のグーグル検索順位を決定する基準の一つにホームページの高速表示は不可欠だ。表示が遅くて待たせることはユーザビリティとして適切ではないとグーグルは考えている。その他にも見た目のデザインやコンテンツの確かさ、有益な情報が入っているかが重要な順位を決める要因になりうる。ホームページ高速化の優先順位とりわけSEOとして考えていくなら第一にホームページの表示速度が重要で尚且つ、...

chrome68アップデートの影響?順位大幅に変動

chrome68アップデート以降順位に変動が大きく出ています。振れ幅は平均18.3位で大変動ですね。ナマズで調べました。ナマズ順位変動影響の高い分野)美容、ファッションIT、引っ越し、転職、就職旅行関連、医療やはり、自分で検索しても全体的にSSLページが優遇されていると感じます。Googleさん、これはまだ序の口でいきなり厳しくしてしまうと困るサイトも有るため甘々にしているようですから9月の中頃か...

Google Analysticsと他WEB解析ツールでの統計差異を考察してわかったこと

複数のWEB解析ツールでサマリーの統計情報として基本的なPVや訪問数、滞在時間、直帰率がツールの種類で大きく異なっているケースが多い。これを調べてわかったことはGoogleはよくも悪くもすべての母数で平均値をとっている。それに対してGoogle以外の解析ツールはもう少し高度な事をしていることがわかった。つまり集計に値しないものは母数に入れていない。言い換えると人間目線のマーケティング思考で集計され...

Google Search Consoleの404エラーに潜む謎とセキュリティアタックの実態

Google Search Consoleの404エラーはSEO上重要なファクターです。Googleは404エラーは評価無視扱いとされ、色々な説がネットで流れていますが結果論から言ってしまうとエラーの割合が多いと順位が確実に下がります。つまり直接理由ではなくて間接的な要因から順位が下がってしまいます。ここには隠された謎があります。というのは通常404エラーは検索結果のリンク表示をクリックしたときに...

セキュリティとWEBマーケティング「認識し難い攻撃と統計情報ああー勘違いの巻」

セキュリティとWEBマーケティングは一見すると互いに結びつかない知識のように感じる人も多いだろうと思う。現実的には今のネットワーク社会では犯罪の裏にネットワーク上の攻撃や詐欺が蔓延しており、WEBマーケティングに対する脅威は日々増え根拠は十分にあると言えます。例えば、アメリカで起きているセキュリティ攻撃には相手企業を陥れるためのネットワーク攻撃があります。相手企業のWEBサーバがダウンすれば、影響...

1 2 3 4 9