ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

カテゴリー「Linux Tips」の記事

SSL化対応-証明書の受け取り

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


SSL証明書の申請が受理される途中段階で発行局により指示がでます。承認方法は何種類か存在します。つまり本人確認を証明するための手段が何種類か存在しその中の何れかを選択あるいは、発行局が指示して承認処理が進みます。

幾つかの承認方法

  • メール確認。whoisに登録されたドメインオーナのメールアドレス、又はどのドメインにもありがちな典型的なメールアドレスに確認用のURLが送られ、そのリンクを踏むと承認される

  • ファイル法。メールアドレスで送られてきた暗号コードが入った内容のファイルを指定フォルダーのファイル設置で発行局が確認し承認が行われる
  • ドメイン法。メールアドレスに送られてきたコードをドメインのTXTレコードに記述することで発行局が確認し承認が行われる

※尚、申請情報に問題があれば上記承認前に却下の通知がメールで届きます。

承認後の流れ

  • メールにアーカイブで証明書類が添付される(概ねZIPファイルで添付かメールテキストラインに暗号化コードが貼り付けられているのを人のファイルに保存)
  • 添付は基本、サーバ証明書、CA発行局のチェーンファイル、CA発行局の証明書が添付されている。チェーンファイルがない場合もある
  • ブラウザに該当の発行局の証明書が存在しない場合はCA発行局の証明書を手動でインストールする必要がある場合が稀に発生する。
  • WEBサーバのサーバ設定ファイル(仮想サーバ設定も含む)に一致するサーバ証明書や発行局の証明ファイルを埋め込んで再起動できるように配置する。

SSL化対応-証明書作成の申請

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


これまでに作成した証明書依頼ファイル(server.csr)は証明書を購入した後にアクティベートするためにファイルをアップロードするか、中身をコピーして貼りつけるような作業をWEBの申請画面にて行います。その際にWEBサーバの種類やドメインの所有者情報、技術担当会社情報などを登録します。申請の手順は概ねどの発行局でも同じですが購入する証明書のレベルによって提出する情報、書類が増える場合があります。これは、保証する項目が増えるためです。

下記はメールで受信する場合の一例です。

※SSL発行の会社により画面の作りなどは違いますが概ね下記のような感じです。ただし受け取り方法は複数あるためライセンス会社によって複数ある中から選択できる可能性はございます。

SSL化対応-SSL証明書の購入

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


SSL化を行うにはSSL証明書を発行する発行局を選び、そこへ前回までに作成した証明書の依頼ファイルを申請し手続きを行う必要がある。

発行局は様々で、証明書の種類も色々なものが存在する。

証明書の購入はほとんどが、代理販売しているショップ、IT企業から購入するが普通。直接発行局からだと割高である。

同じ証明書でも、購入するショップや、IT企業によってプライスは異なる。

主なSSL証明書発行局

  • Symantec
  • GeoTrust
  • Comodo
  • CyberTrust
  • Rapid SSL
  • Global Sign
  • SureServer
  • DigiCart
  • FujiSSL

安く購入できるSSL販売ショップ

弊社では、何かあっても電話するとすぐ早急に対応してくれるSSLストア(ニジモ)をよく利用しています。

SSL化対応-証明書依頼ファイルの作成

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


証明書依頼ファイルの作成

証明書買った際に購入先の発行システムへ証明書発行申請する際に証明書依頼ファイルをUPする必要があります。つまりこの作業は役所で手続きする申請依頼書類に記述するのと同じような役目の作業です。

サーバ証明書依頼生成時の署名情報入力例

上記のサーバ証明書依頼ファイルを生成する際に以下の入力が聞かれます。自社にあったものを入力しますが下記のような感じで入力を行ってください。

SSL化対応-サーバキーの生成

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


証明書を得るためにはサーバリクエストファイルを作るのですがその前にサーバキー(秘密鍵)を生成する必要があります。これはサーバ証明書の種のようなものでサーバの生成身元保証的な役割を果たします。実際にWEBサーバにも埋め込んで使います。つまりサーバ証明書はこの種から作られたということを保証を取るために使います。

オーソドックスなシンプルなキー生成方法(秘密鍵)

一般的には2048 bitの鍵生成で十分です。RSA方式で暗号化を行います。

一発でサーバーキーからリクエストファイルまで生成する方法

証明書依頼ファイルの作成途中で申請情報入力が促されるのでこちらでやり方を参考に!

TOPへ戻る

AGA 成長因子