当社はIT技術のオンライン教育を得意としたセミナー専門会社です。

ITエンジニアの技術力UPをお約束します。

Caddy WEB サーバー V2でのWORDPRESS設定

Caddy WEB サーバー V2でのWORDPRESS設定


Caddy Webサーバーは記事でも過去に3回位書いているが、頻繁に仕様が変わってしまうWEBサーバーだ。意外とそれに翻弄されているエンジニアも多い。でも設計の思想が斬新で個人的には好みのWEBサーバである。

今回はWORDPRESSをCaddy V2.xで動作させて見ることにした。案の定、やってみるとV1の頃とコンフィグが変わっているし。そう来ると思ってた。一つ良かったことはrewrite処理を内部でやってくれるのでコンフィグでやる必要がなくなった。PHPの記述はH2プロトコルでお馴染みのphp-fpm(FastCGI)を使用します。

Caddy Webサーバの導入

Caddy Webサーバのインストールは前回の記事でVersion2の導入方法書いてあるのでそのとおりにやれば簡単

下記のCentOS7/CentOS8の導入方法が記事後半に掲載されているので参考されたし。

https://www.netmarvs.com/archives/3385

設定ファイルの編集

設定ファイルは/etc/caddy/Caddyfileを編集するが、事前にオリジナル設定ファイルはリネームしてバックアップしておこう。設置ファイルを見てもらうとわかるのだが全く以前のrewrite設定の記述ブロックがなくなっていることがわかるだろう。Caddy V2ではrewrite処理は内部で処理するので基本的に不要なのです。特殊なケースではrewriteの設定は存在していますので今でも使えます。

タグ: , , ,

Caddy WEBサーバが仕様(Configuration)がかなり変わった!



先日、Caddyをバージョンアップ(v2.1.1)にしたら、エラーが生じて全く起動できなくなったしまった。あれれ~おかしいぞ~。検索してみるとv2のバージョンで設定の仕様が大きく変わっているでねーの。もう参ったなー。 圧縮の箇所、ドキュメントルート、ログの書き方が大きく違う。 後はfile_serverという記述入れないとブラウザで表示させたときに真っさらになります。 未だにわかっていないのがエラーログの書き方。同じことを思った海外の方がいた。 未だに回答が無い。だって仕様に記載がありませんから。(*^^*) とりあえずlevelディレクティブでwarnを書いてみたら、エラーや警告が出ているのでこれでいいかな。。

v2以降の典型的な記述例

タグ: , , ,