当社はIT技術のオンライン教育を得意としたセミナー専門会社です。

ITエンジニアの技術力UPをお約束します。

ローカルLinuxでAzure Cliを使ってAKS(Azure Kubernetes Service)の連動を確認してみる。

ローカルLinuxでAzure Cliを使ってAKS(Azure Kubernetes Service)の連動を確認してみる。


azure-cliのLinuxへのインストール

ディストリビューション関係なくこれだけでインストールできます。

ログインの下準備(Azure Portal側でテナント作成)

az cliでログインする際にテナントIDが必要となる。ActiveDirectoryの管理配下でテナントを会社単位で決定しているはずなので該当ドメインを選択して確認する。

azでコマンドラインからログイン

ログインはコマンドラインから「az login」を実行して認証のCredential確保をローカルPCに設置します。

azでコマンドラインからリソースグループ作成

リソースグループ作成の実行結果

azure acrへのコンテナの登録のテスト&aks kubernetesへの認証鍵の生成等

とりあえずACRへ登録するだけの実験なのでイメージは何でも良いと思う。適当に用意して登録してみよう

aksと認証を取ってAzureに置かれているサンプルを使ってkubernetesの実験をします

前述のACRイメージはここでは無視してください。Azureのサンプルを実行してみるだけです。 ただし前述で作成した鍵で認証を行っています。

終わったら実験したクラスターを始末しましょう

実験を残しておくと課金されるから片付けましょう。

タグ: , , , , , , , ,