SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

MAC OSX メールで送信時の文字化け対策

MAC OSX メールで送信時の文字化け対策


マックを使用していると、受け取った側がメールが文字化けしてる!

とよく怒られますよね。これはUTF-8という文字コードがデフォルト設定になっているからなんです。 日本では、まだメールソフトによってはこれに対応していないものもあるので文字化けしてしまう。


これを修正するのは、実はそれほど難しくないのです。

iso-2022-jpの文字コードを使って送信するようにしてあげることで、受け取った側が文字化けなく読むことができます。

方法は2種類あります。
  1. こちらはメールソフトのプラグインとして導入し対応する方法。(簡単)
    http://sourceforge.jp/projects/letter-fix/
  2. 通常GUIで修正できないシステム設定から文字コードを変更する方法(簡単だけど、ターミナル慣れてない人には1番が簡単)
    アプリケーションからユーティリティへ行きそしてターミナルを開いて、下記のコマンドを投入します。
    $ defaults write com.apple.mail NSPreferredMailCharset “ISO-2022-JP”

※これで、送付先から文句言われません。

タグ: , , ,

LinuxでHuluを使う場合の文字化け対策


動画サービスHuluを普段利用していますが、Linuxの環境でたまにみることが多いため、豆腐のような文字化けには時々、まいったなーと思っていましたが、奮起して解決を図ってみました。 解決方法はLinuxの主なディストリによって2種類あります。


❏Ubuntu系Linux(ディストリが多すぎで全部それでいけるのか?)

OSのバージョンやディストによって、やり方が若干違いますが下記の3つのいずれかで対応可能です




❏Fedora系Linux(CentOS,RedHat,Scientific)


※設定したら、ブラウザは再起動しましょう。


注意点:

Firefoxやその他のブラウザは全く以上の操作で問題なくなるが、Google chrome browserは要注意だ。
Google chrome browserはchrominiumの場合は、外部インストールのflash playerが参照されるが、クロームダウンロードホームページから持ってきたstableなものは内部flash playerが使われハードコードされているため文字化けする。

しかし、ブラウザのURL入力でchrome://pluginsでflash playerの箇所をみつけると外部インストールのflash playerと内部インストールのflash playerが表示されているなら、内部の古いバージョンのflash playerを「無効にする」で正しく文字が表示されるようになります。
flash playerプラグインが2つ表示されない場合はクロームからアドビに行ってインストールしましょう。

タグ: , , ,