SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

「Linux Tips」記事一覧

Linux(Ubuntu系)でCISCOルータをターミナル接続!

CISCOルータをWindowsパソコンで設定を行うといった場合、一番多いパターンはTeraTermを使うケースが圧倒的に多いと思う。今回はSI作業する内容が圧倒的にLinuxが多かったのでCISCOのルータもLinuxでやろうと思いました。しかも古いパソコンを使用してLinux導入しているため、マザーボードにはRS232CのCOMポートが付いている。最近の主流はUSB変換をして接続するので意外と...

findでタイムスタンプ範囲絞りで一覧表示

Linuxを使用していると運用の場面では更新されたファイルを削除したり、バックアップしたりする場面がよく出てくると思います。よく使うんだけどコマンドのオプションもいっぱいあるから忘れてしまうときが多いハズ。CentOS5とcentOS6以降でやり方が違うので2つ紹介します。内容は「日程範囲を設定してその間で更新されたファイルだけを一覧表示する」方法です。サンプルはPHPファイルで絞り込んでいます ...

delegated proxyサーバで1台のサーバに仮想サーバを複数立ち上げる方法

delegated proxyサーバを運用する場合、1台のサーバで複数サイトをどうやったら起ち上げられるのか悩んでしまう人が多いみたいなのでやり方をご紹介しようと思います。apacheサーバだと簡単に仮想サーバ作れるのですがdelegated proxyサーバだとあまり情報がネット上にも落ちていなく困ってしまうのでしょう。下記のスクリプトは1台のサーバに複数の仮想サーバをdelegated pro...

ブラックリストへの考察 メールのSPAMチェック DMARC、DNSBLについて

昔よりも更に複雑になったと思うサーバの種類にメールシステム(smtpサーバ:MTA)がある。振り返ってみると20年くらい前はデフォルトで作ったメールサーバでもすぐにインターネット上で使えましたが、今は兎に角セキュリティが厳しいので単純な設定ではまともに動かない。ガチガチだなーと感じる。時折サーバ講義の仕事をすると一番厄介なのがメールサーバの解説。正直言って1週間勉強した程度で理解できるのは初心者程...

備忘録:Linux Firewall(iptablesの典型的パターン集)

CentOS7からiptablesからfirewalldにデフォルトfirewallが変わっていますが、実際のところFirewalldの中身はiptablesなので操作体系が変わっただけなんだけどね。個人的には長く使ってきたiptablesが好きなので相変わらずCentOS7の導入後はiptablesに切り替えています。それに今までの蓄積してきたスクリプトなども活用できるのでiptablesでいい...

1 2 3 4 5 6 8