SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

ITエンジニアの技術力UPをお約束します。

SEO対策用語集【メタタグ(index,noindex)】

SEO対策用語集【メタタグ(index,noindex)】


【メタタグ(index,noindex)】
検索エンジンで上位にあがるためには、サイト同士のリンクの多さ、リンクの質が重要になってきます。indexは検索エンジンに登録することを許可します(検索結果に出る)。

しかしnoindexは検索エンジンに登録をしません(検索結果に出ない)

SEO重複の世界では非常に重要でインチキでかさ増ししたコンテンツをダブり評価しないようチェックが厳しくなったため、noindexなどをつけて検索エンジン側に取り込まないようにすることで誤った評価にならないようにします。

但しGoogleはnoindexにしても、サイトを評価しないわけではありません。GSではHTMLの改善にはnoindexにしたところも、修正指示として挙げてきます。つまり、noindexする理由がダブり(重複)が正当な理由のものなら良いのですが、そうではないスパムチックなものをnoindexするというのはやましい行為です。noindexは検索結果にださないだけでアクセスはできるため、人に害を及ぼす可能性は十分あります。故にGoogleはnoindexでもページは評価します。

タグ: ,

SEO対策用語集【メタタグ】


【メタタグ】
メタとは「後から」「超えて」という意味から語源の由来があり、元々の規定のW3Cルールに加えて、拡張サポートを柔軟に行うための
役目を持ちます。ブラウザに表示されない情報ですがブラウザにそのページの性質を教えてくれます。

例えばHTMLのタグはアップデートされる期間は長いです。しかし表示するデバイスや言語仕様、技術的な拡張機能は日々更新されます。
メタタグはこのような頻繁にアップデートされる情報を体系化して基本のHTML仕様を変更しなくても良いようにするためのインプリメントするのに使われます。

HPでは、古くからHTMLの宣言で使われ、そのページはどのようなページなのか性質を具体的に表現するための記述として使われてきました。

特にtitle,decsription,keywordsは基本的なメタタグ属性でSEOの世界ではよく使われます。今では重要性が低くなったというSEO対策者もいますが、検索結果の基本として表示されるのはここに記述した内容が表示される確率が高いことは間違いないので、重要だと思います。

検索結果1ページに10件表示されますが、おそらくそれをすべてクリックする人はいないでしょう。人は皆、タイトルと説明を見て判断するためこのtitle,decsription,keywordsが如何にクリックするきっかけを作っているかがご理解できたならサイトの改善は加速することでしょう。

タグ: ,