ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

SEO対策用語集【メタタグ】

 / SEO用語集, SEO関連, ノウハウ


【メタタグ】
メタとは「後から」「超えて」という意味から語源の由来があり、元々の規定のW3Cルールに加えて、拡張サポートを柔軟に行うための
役目を持ちます。ブラウザに表示されない情報ですがブラウザにそのページの性質を教えてくれます。

例えばHTMLのタグはアップデートされる期間は長いです。しかし表示するデバイスや言語仕様、技術的な拡張機能は日々更新されます。
メタタグはこのような頻繁にアップデートされる情報を体系化して基本のHTML仕様を変更しなくても良いようにするためのインプリメントするのに使われます。

HPでは、古くからHTMLの宣言で使われ、そのページはどのようなページなのか性質を具体的に表現するための記述として使われてきました。

特にtitle,decsription,keywordsは基本的なメタタグ属性でSEOの世界ではよく使われます。今では重要性が低くなったというSEO対策者もいますが、検索結果の基本として表示されるのはここに記述した内容が表示される確率が高いことは間違いないので、重要だと思います。

検索結果1ページに10件表示されますが、おそらくそれをすべてクリックする人はいないでしょう。人は皆、タイトルと説明を見て判断するためこのtitle,decsription,keywordsが如何にクリックするきっかけを作っているかがご理解できたならサイトの改善は加速することでしょう。

TOPへ戻る

AGA 成長因子