当社はIT技術のオンライン教育を得意としたセミナー専門会社です。

ITエンジニアの技術力UPをお約束します。

既にインストール済みのWindows10 ライセンスキーを調べる

既にインストール済みのWindows10 ライセンスキーを調べる


昔は既にWindowsのライセンスキーを調べるためにNirsoftにあるProduct keyをよく使っていました。最近ではWindowsにバンドルされている標準コマンドでWindowsのライセンスキーを調べることができます。コマンドプロンプトでも良いですし、PowerShellでも良いですが下記のコマンドを投入すると表示してくれます。パソコンのディスクがおかしくなっってしまった際には再インストールで重要だと思いますのでぜひ実行しメモを取っておきましょう。

タグ: ,

Windows10でMBR形式とGPT形式のディスクを相互に変換する。


一度、MacやEFIブートのWindowsで使ったディスクはちょっと古いWindowsですんなりとは使えない。BOOTの形式が違うからだ。
ディスクの容量が大容量で扱えるGPT対応のマザーボードがWindowsでも今どきは普通なのでここで使ったディスクを古いパソコンへ持ってきて再利用しようとするとすんなりとはフォーマットしても使えない。
つまりフォーマットできても使えない状況にある。意外とこのことをは知っている人は少ないかもしれない。ということで、Windows10でMBR形式とGPT形式のディスクを相互に変換する方法を説明する。 実はWindowsのGUIでGPTからMBRに変換する方法は無いのである。その逆のMBRからGPTは可能である。 今回はいずれのパターンもコマンドラインから変換する方法を例に挙げたいと思う。 最初にお断りを入れておくが既存データは消えますのでご注意ください。

DISK形式の変換手順(CMDもしくはwindows power shell起動して入力)

形式変換後にフォーマットを行う

フォーマットはdiskpartでも可能だが、フォーマットの形式が色々簡単に操作できる管理ツールを使うと良いだろう。コンパネ管理ツールから選択して「コンピュータの管理」にある「ディスクの管理」をお勧めしたい。

タグ: , , ,

Windows Updateが進まなくなった場合の対処(殆どはディスク障害が原因です)や大型Update後のゴミ掃除。


Windows Updateは時として、知らないうちにパソコンの裏側で動いて、妙に今日は動作が遅いなーなんて思うこともありますよね。やはりやろうと思ったときに片付けてしまうのが吉です。そうしないとお客さん先でプレゼンしようとしたら、突然Updateが始まったり、客先から帰り際にパソコンをシャットダウンしようとしたらWindows Updateが始まったりもう災難です。実はWindows Updateがうまくいかない理由はいろいろあるのですが、致命的に対処できない場合は概ねディスク上に何らかの問題を抱えているときです。

例えばディスクのブロックレベルで壊れているときなどはアウトです。何らかの修復ツールでディスクの破壊されているブロックをスキップさせる処理が必要かもしれません。例えばchkdsk c: /R or chkdsk c: /F等で検査して強制的に問題箇所をスキップさせます。 その上で下記のコマンドを実行です。あるいはたまたまWindowsUpdateの中でファイルレベル(ハード障害ではなく書き込み不良や権限障害、他のファイル依存障害)などの障害を持っている場合だったら即下記のコマンドが有効に働きます。大型Update後にディスクのクリーンアップツールで途中で止まった場合も使えます。



こちらからWindows10 Updateイメージを作ってくれるMediaCreationToolをダウンロードできます。Windowsオリジナルソースから修復したい人はダウンロードしてみてください。

sfcを実行後、破損したファイルはc:\Windows\System32\dllcache の圧縮フォルダーにあるキャッシュ コピーに置き換えられます。

※/Source:E:\の箇所は例えばインストールデイスクのフォルダーもしくはドライブを指定します。つまりインストールディスクからフレッシュなデータをコピーして修正する方法を示しています。Windows10のメデイアクリエーションツールをサイトからダウンロードしてWindowsUpdateISOファイルを生成します。それをWindows10ドライブマウント機能で割り当てて指定を行えばOKです。

※Windows Updateのファイルがハードディスク障害範囲に配置されている場合は上記のコマンドは有効ではありませんので、HDAT2のような高度なディスク修復ツールで不良セクターをスキップさせてからトライしましょう。重症なケースでは”HDAT2 >> CHKDSK /R >> CHKDSK /F”を連続して実行し修復できたケースが多いです。

タグ: , , , ,