SEO対策とセキュリティで企業をバックアップします。

インターネット上のアクセスボリュームUPをお約束します。

HTTP2対応 CaddyWEBサーバで仮想サーバ作る場合のやり方

caddy Webサーバで仮想サーバを作る場合は、/etc/caddy/配下にvhostsフォルダを作成し大元の設定ファイルをコピーしてドメインに該当する箇所とSSLの在り処、Pushする箇所のみ書き換えれば良い。
仮想サーバ設定はimportのある最下行だけ削除しましょう。仮想サーバ設定ファイルは名前は何でも良い。拡張子が.confであるならすべてそのフォルダーにあるファイルを読み込んでくれる。 仮想サーバは大元設定ファイル(Caddifile)の一番最下行にあるimport文で仮想ホストのインクルードを行う。ワイルドカードが使えるのでこの一行でvhostsに配置する仮想サーバ設定は終わりだ。 今回はWEBメールのRoundcubeとPhpMyadminを以下の設定を修正してやってみたがあっさり動いた。caddyは設定が簡単でいいね。

※設定ファイルの編集前に事前にフォルダー/etc/caddy/vhostsは作る必要があります。