ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

SSL化対応-証明書の受け取り

 / Linux Tips, SEO関連, テクニカル, ノウハウ


SSL証明書の申請が受理される途中段階で発行局により指示がでます。承認方法は何種類か存在します。つまり本人確認を証明するための手段が何種類か存在しその中の何れかを選択あるいは、発行局が指示して承認処理が進みます。

幾つかの承認方法

  • メール確認。whoisに登録されたドメインオーナのメールアドレス、又はどのドメインにもありがちな典型的なメールアドレスに確認用のURLが送られ、そのリンクを踏むと承認される

  • ファイル法。メールアドレスで送られてきた暗号コードが入った内容のファイルを指定フォルダーのファイル設置で発行局が確認し承認が行われる
  • ドメイン法。メールアドレスに送られてきたコードをドメインのTXTレコードに記述することで発行局が確認し承認が行われる

※尚、申請情報に問題があれば上記承認前に却下の通知がメールで届きます。

承認後の流れ

  • メールにアーカイブで証明書類が添付される(概ねZIPファイルで添付かメールテキストラインに暗号化コードが貼り付けられているのを人のファイルに保存)
  • 添付は基本、サーバ証明書、CA発行局のチェーンファイル、CA発行局の証明書が添付されている。チェーンファイルがない場合もある
  • ブラウザに該当の発行局の証明書が存在しない場合はCA発行局の証明書を手動でインストールする必要がある場合が稀に発生する。
  • WEBサーバのサーバ設定ファイル(仮想サーバ設定も含む)に一致するサーバ証明書や発行局の証明ファイルを埋め込んで再起動できるように配置する。

TOPへ戻る