ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

貴社サイトの重複ページの発見と修正

最もシビアにならなくてはいけないSEOの修正は重複対策です。「重複」という言葉から何を連想しますか?やはり、同じ情報が記載されているページであろうとは予測できると思いますが実際に重複対策に取り組んでみると予想以上に「重複」のスコープ(重複の意味する範囲)は広いことに気付かされます。そう、知らないうちに重複をたくさん作っていることに気づいていない可能性があるのです。だからこそ、「何が重複になるのか?」これが非常に大切なのです。

重複は何故?駄目なのか

重複はページのかさ増しと捉えられます。古くは同じコピーのページを使うことでページボリュームを上げることで評価をあげる手法が存在しました。意図的に行ったものと無意識で行ったものが存在するのは、Googleも正確に把握することが出来ません。そのためHTMLコードの作りては如何に重複の規制に引っかからないようにサイトを作るかが大きな使命となります。また現在ではオリジナルのコンテンツを他社、他人が記事を抜粋したり、コピーしてどちらがオリジネーターなのかわからないような状況も存在します。実際、後者で作られたサイトがオリジネーターのサイトをパクリトップを取得してしまった例もあります。結果オリジネータ側のサイトがリニューアルするしかなかった事例もよくある話です。

重複の発見方法

重複は、早めに発見して対処すれば傷口は広がりません。それだけにどうやって重複箇所を発見してゆくべきかが課題となります。もちろん重複箇所を早く発見する方法は存在します。また影響ない重複も存在し、その判断も大切です。余計な修正をする必要はないのですから。

重複の対処方法

重複の対処方法は、簡単なようで簡単ではありません。HTMLコードが30ページ程度の小さいサイトであればよいのでしょうが、ページ数が多くなってくると簡単に重複は修正できません。またプログラムで構築されたサイトならば尚更簡単に修正は出来ないのです。それ故にこの対処方法はWEB技術的なテクニックが重要となってくるでしょう。

TOPへ戻る

AGA 成長因子