ネット通販を運営する企業に対し集客効率化支援致します。

PHP Laravel framework入門(3) – テンプレートエンジンを理解する。

 / PHP Laravel Framework, トピックス


Laravelのテンプレートエンジンは標準でBladeというエンジンを使用しています。このテンプレートエンジンは比較的よくあるテンプレートエンジンの記法に近いのですんなり覚える事ができると思います。bladeもまたよくあるテンプレートエンジン同様にマスターレイアウトがあって、その上にパーツ&ブロック単位のテンプレートがある仕組みになっています。ヘッダとフッタはよくある共通部分ですから簡単振り分けて構築できそうです。

◯ resources/views/layout/master.blade.php

ちょっと見た感じでは他のテンプレートよりも見たことがないインクルードする幾つもの記法があることがわかりますね。マスターレイアウトはアウトラインを作るものです。

  • @yield  @yieldは継承ができませんが変数のデフォルト値が使えます。
  • @section  @sectionは最も使い勝手が良い変数等を継承できるのが特徴です。尚、記法に親テンプレと小テンプレでブロックの終わり方が異なるので注意しましょう。親の方では終了が@showで終わります。小テンプレは@stopや@endsectionを使用します。
  • @include @includeは最もシンプルなものでベーシックな変数の渡しのみ可能でその他はできません。

それでは次にHTMLのBODY部分を形成するテンプレートを見てみましょう。

◯ resources/views/page.blade.php

TOPへ戻る