ネット上のアクセスボリュームをUPさせ効率の良い集客をご提案します。

CentOS7 Grub2 カーネルの起動エントリーを減らし/bootの空き容量を確保。

 / Linux Tips, テクニカル, トピックス, ノウハウ


最近のLinuxはセキュリティ対策なためかupdateが盛んなため、直ぐにほっておくとカーネルの起動エントリーがGrubメニューにどんどん溜まってしまう。

といっても、調べてみるとデフォルトで5つまでアップデートエントリーが蓄積されそれ以上は増えないようだ。

このカーネルの蓄積に関するアップデートは/etc/yum.confのなかの「installonly_limit」を編集することで制限ができる。実際のところ3つまであれば十分だと思う


書き換え前

書き換え後

ついでに/boot配下の余計なカーネルを掃除

知らないうちにやはり圧迫されてた。/boot 95%はやばいでしょう。

お掃除は簡単package-cleanupで消去します。

再度確認してやっとディスク領域が65%に回復しました。インストールの時についついデフォルトで容量を小さくしすぎるのでアップデートが多いと圧迫されますね。でもこれを実行すれば問題ありません。

TOPへ戻る

AGA 成長因子